沖縄の歴史がここに!首里城

沖縄を知るために首里城に行こう!

沖縄を代表する観光地首里城は、琉球の歴史と文化を体験する絶好のスポットです。ここ沖縄は、450年もの間続いた琉球王国が統治し、日本や中国、東南アジアとの交易により独特の文化を持っていました。その政治と文化の中心地がこの首里城だったのです。 1879年に日本に統治されることになり、最後の王がこの地を去りました。後に残された建造物は国宝に指定されましたが、沖縄戦で焼失。現在私たちが目にする建造物は、近年再建されたものです。首里城は世界遺産に登録されていますが、再建された建造物ではなく、地下の遺跡が世界遺産に登録されています。 首里城を訪れると、琉球王国が中国や日本などの影響を受けながらも、独特の文化を発展させてきたことを感じさせられます。

首里城で琉球文化に触れてみよう

首里城は広い公園内の小高い丘の上にあるため少し歩きますが、ぜひ早起きして開門を待ちましょう。銅鑼の合図とともに御開門式が始まります。中に入れば少しの間琉球古典音楽が流れ、当時の雰囲気を味わうことができます。
鮮やかな朱色の中国風の正殿は、小さいながらも独特の雰囲気を持っています。そして2019年2月に首里城の奥の部分が公開され、ますます見ごたえある首里城となりました。夜にはライトアップされ、昼間とは違うロマンチックな姿を見せてくれます。
お勧めの季節は新年1月1日~3日。新春の宴が行われ、首里城で行われていた正月の儀式が再現されます。当時の衣装を身に着けた王や王妃、高官たちを見ていると、タイムスリップしてしまったかのように感じます。かつて繁栄した琉球王国に思いを馳せるのもまた、旅の素敵な思い出になるでしょう。

久米島のツアーは、こじんまりとした民宿以外にもリゾートホテル付きプランもあります。贅沢な時間を堪能したい場合は、ホテル付きプランが向いています。